第一印象、相性のよいカラーのタイプ(パーソナルカラー)

 | ,  |  | 0

パーソナルカラーとは、
人が生まれ持った「肌」「瞳」「髪」などと雰囲気が調和する色彩、似合う色のことです。

まずは初めにこの2タイプに分類されます。

●WARM系(イエローアンダートーン)

☑肌に黄みが感じられる。

☑黒目が黄みがかった茶の人が多い。

☑実はカラージャケットやカジュアルウェアが得意。

●COOL系(ブルーアンダートーン)

☑肌や髪、目に黄みが少ない。

☑黒目が赤茶の人が多い。

☑寒色系のビジネスカラーとなじみやすい。

↑パーソナルカラー

【イエローアンダートーン】

温かみのある明るい色、多色配色が得意。

イエローアンダートーンはウォームソフト、ウォームハードに更に分類されます。

●ウォームソフト→イエローがかった、明るく鮮やかな色が似合うタイプ

ビジネスシーンではうまく取り入れることで自分を魅力的に見せることが可能です。

●ウォームハード→深みのある落ち着いた色、中間色が似合うタイプ。

ビジネスシーンでも今からの時期に秋冬の要素を持ったカラーなため落ち着いた雰囲気を見せることが可能です。

 

【ブルーアンダートーン】

モダンでシャープ、個性派インパクト、強いコントラストが得意。

ブルーアンダートーンはクールソフト、クールハードに更に分類されます。

●クールソフト→霞がかかったようなペールトーンを選ぶと、バランスが取れるタイプ。

ビジネスシーンでもいかにもビジネス!と使いやすいようなカラーが多く、上品で抑制された色味が多くVゾーンもバランスがとりやすい。

●クールハード→同じクール系でも原色、力強いカラーが似合うタイプ。

印象の強い人だからこそ、はっきりした色でも負けることなくバランスが取りやすい。

 

簡単ではあるが、シーンに合わせて色合いを使い分けることが相手に与える印象も変わるため、色の持つ色彩効果をうまく利用し、自分自身に似合う色を把握しておけば第一印象は変わります。