今から覚えておくコート選びのポイント!!

 |  |  | 0

 

『フォーマルコート』と『カジュアルコート』の違い

フォーマルコートの特徴は比翼仕立てになっていること、比翼仕立て(比翼)とはボタンやジップ等が隠れるように二重にした前立ての処理のことです。(襟裏に別布がついていること)素材はウールやカシミアが中心で暖かい素材が使用されています。

逆にカジュアルコートは日常の私服にも合わせられるため幅広くモッズコートなどのミリタリー系やダウンコート、スポーティーなタイプ、トラッド等、種類は豊富です。

 

●スーツに合うコート選びのポイントは?

 

ビジネススーツに合わせたいコート、着用するからにはスーツに合った着こなしが必要です。

ファッションとしてのコート選びもありますが、スーツに合っているかが重要です。スーツを着脱した時にシワ等になっていないか?は重要です。

 

①職種に問わずフォーマルなコートを1着以上持っておくことは必須。

②裾の丈感は丈が長いほどクラシックでドレッシーな印象になります。逆に丈が短くなるほどにカジュアルな印象、若々しい印象になります。

③コートの色選びはスーツに合わせやすい黒、グレー、ネイビー、ベージュ等のカラーを選ぶのが無難、複数あるとスーツとの組み合わせによって楽しめます。

TPOに合わせた種類のコートを持っておきたい。

⑤デザインはシンプルなのものを選びましょう。チェスター、ステンカラー、トレンチなどから数着もっていると雰囲気に変化がつけられます。

 

●ビジネスシーンでのコート選びはサイズが重要!!

サイズ感は重要になります。小さすぎると窮屈そうに見え、オーバーサイズを選ぶことでだらしなく見えてしまいます。ビジネスシーンでは重要なポイントとなります。

そこで選ぶときのポイントは肩幅を基準に選びます。ビジネスコートを購入するときは必ずスーツの上から着用してみましょう。ジャストサイズで肩回りに少し余裕のあるものを選びましょう。(スーツの肩幅プラス1cm程度)[※肩幅、身幅、着丈、袖丈など重要ポイント]基本的にスーツのジャケットの裾が隠れるものを選ぶ、短すぎるとカジュアルな印象が強く、逆に膝下まであるロングコートはかっこよく見えますが、体格により着られているようにも見えるためうまい着こなしが必要です。使い回しを考えると膝上あたりのミドル丈コートが使用しやすいです。

 

以上がコートを選ぶときのポイントになるので参考にしてみてください。