男の服装学

コラム
知的なスーツにはルールがある

ファッションは自由であり、時代とともに変化する。

しかし、男の服には長い歴史の中から学んだ知識と技術がある。

それは世界のメンズファッションに共通するものだ。

男のビジネススーツは「知性」が基本条件。

そこには「信頼」をキーワードとする。

永遠の基本的条件がある。

それを「ドレスマナー」と呼ぶ。

ドレスマナーとは?

「出会いの成功は6秒間」だと言われている。

出会いの瞬間で多くの人は、相手の人間性を判断する。

直感的に、感性的に、そしてクールに。

目の前の人物を

「信頼できるかどうか」

「好きになれそうか」

「期待できるか」

「いい関係が築けそうか」

その判断材料として、企業名や肩書き、話の内容よりも、

視覚から得る第一印象のほうが影響力が強いのは科学的にも証明されている。

ビジネスにおける「第一印象」を左右するのが「ドレスマナー」。

企業名や名刺の肩書きなどだけで信頼を得られる時代ではない。

同じスーツでもドレスマナーを知っているか否かで、

人生のチャンスを手に入れる人、逃す人、、、、その運命が決まるのだ。